車種で選ぼう!貸切バスの特徴

貸切バスの中でも、ミニバスを使うことは、とても小回りが利いていて、大変便利です。13名程度の乗客数だと、頻繁に拠点間を行き来できる利用法が最もポピュラーな利用法です。よくあるのは、企業が主催する展示会やイベントの時です。

展示会場が、徒歩10分~20分で最寄り駅から離れている場所になってしまうケースの時は、中々、来場者数に伸び悩みとなります。このような時に、ミニバスを貸切バスとして使うと、来場者を待たせることなく会場に送り届けることができますし、帰るお客さんも駅まで送り届けることが可能です。

一番、利用的な利用法は、2台借りて会場と駅の間をピストン輸送することです。この程度の貸切バスであれば、お客さんを待たせることもなく、送り届けることができますし、帰りもすぐに駅にエスコートできるので、効率性が高いのです。

小型バスを貸切バスとして、利用できる方法はいろいろとありますが、バスともなるある程度まとまった人数の旅行で使うことが一番いいでしょう。貸切バスでも、大型バスともなるとコストも高くつくのですが、小型バスだと意外とリーズナブルな費用で、運用が良いのです。

よく使われるのは、地元商工会議所の会員や町内の地区毎の日帰り旅行で使うケースです。貸切バスでも、コースが決められた旅行バスだといろいろな旅先への移動も不可能です。しかも、町内の日帰り旅行だと、イレギュラーなコース変更もあり得ることなのですが、そんな対応も小型バスであれば、不可能ではありません。

21名から24名という乗員数だと、ちょうど町内のメンバーや商工会のメンバーで気軽に移動することができる規模です。安い旅行費用で、移動できる手段としての貸切バスとして、最善の手段でしょう。

マイクロバスを貸切バスとして使うケースも小旅行という場合が少なくありません。大型バスとではコストも全く違ってきますが、マイクロバスもプライベートに近い利用法が考えたれます。よくあるのは、スポーツ大会の遠征試合で移動する場合です。

学校のクラブ活動で試合の遠征の移動手段として使うケースです。生徒と教職員を含めて移動する手段としてマイクロバスを使うことで、余計なクラブ活動の費用を節約することができます。これは地域の野球チームの活動でも使われる方法です。

シニアリーグになると、父兄も含めて活動か家庭ぐるみの活動となってきます。学校の遠征試合と同じように、子供たちと監督・コーチの移動に使われることも少なくありません。貸切バスの使い方は、旅行で使うというイメージがありますが、このような利用方法も結構あげられるのではないかと思います。