貸切バス利用時に覚えておきたい利用マナーとは?

大型貸切バス全長は長さ12mと長くなっております。シートの数は列数によっても変わるのですが、多い場合は補助付きで60シートとなる場合もあります。スーパーハイデッカーと呼ばれる種類は床面が高くなっており、また車体の高さも大きく見えることで豪華さが増しています。

車種によっては正シートの数や補助席の数などはそれぞれ違うことがあります。中型バスは長さ9mとなっております。こちらもシートの数は車によって変わります。多い場合は補助席も利用して39席利用出来る場合もあります。小型・マイクロの貸切バスは長さ7mとなっております。席数も大型・中型バスに比べると少なくなり、トランクも大型や中型に比べると小さくなりますが大型バスや中型貸切バスに比べると小回りが利く為、比較的駐車場所の自由度も高くなります。

少人数で旅行する場合にはリーズナブルにミニバス・小型バスが良いです。なぜならば、移動の予算が少ないとその分を旅行のお土産や宿のグレードアップなどに使うことが出来、旅をより一層充実したものにすることが可能となります。また法事や結婚式、部活動の遠征など少人数で貸切バスを利用したいという場合にも最適です。

こちらも予算が範囲内という制約がある場合が多いと思いますが、中型・大型バスですと予算オーバーになる場合でも予算の範囲内に収めることが可能になる場合もあると思います。ですので、少人数での移動にはリーズナブルで気軽にご利用可能なミニバス・小型バスがおすすめです。料金は移動時間や移動距離、貸切日数によっても変わってきますので貸切バス会社にお問い合わせしてください。

大人数での移動は大型・中型バスがお勧めです。たくさんの人を同じ場所に何度も移送するピストン輸送にも利用可能です。自治体などが貸切バスをピストン輸送を地域のイベントなどに活用することがあります。貸切バスの代金は貸切バス会社や車種・貸切形態によっても違います。

旅行で利用する場合には大型の貸切バスでスーパーハイデッカーのタイプを利用される場合が多いです。天井が高い為普通のハイデッカーのタイプよりも外から見た感じも大きく見え、内装も少し豪華な場合が多いと思います。座席の位置が高いので、遠くがよく見え、より一層景色も楽しめ快適な旅となります。トランクも大容量ですので、たくさんの荷物を積むことが出来ます。貸切バスご利用の際はお早めに予約した方が確実に予約を取ることが出来ます。