いろいろ使える!貸切バスの賢い利用方法とは

基本的に貸切バスの利用目的としては、大人数での短距離から中距離の移動に使用されるのが一般的です。特に大人数での旅行やイベント参加の際の移動に、会社や集団で利用するのに向いています。特に最近では企業の新人研修や他工場への視察等にも利用される傾向にあり、その利用範囲は多岐に亘るのです。

個人や少人数でバスを利用する人もいますが、そういった場合には小型のバスを利用する傾向にあります。貸切バスと一言で言っても、その種類には大型車両やマイクロバスなど複数にわたっているので、目的地や利用用途に合わせたサービスの選び方がとても重要になります。貸切のサービスなので、知人同士でくつろぎながら移動したいという目的にも向いていて、カラオケや映画鑑賞などを皆で道中に楽しめみたい方にも利用が推奨されているサービスです。

貸切バスを借りる際には、特に初めての方はどうやってレンタルするのかわからないという方もいますが、一般的にはバス会社から借りる方法があり、移動ルートの確認や目的地の手配等が先に済んでいる場合には、バス会社か借りるのが最も手短な手続きで済みます。

バス会社の探し方としては、インターネット検索が便利です。なかでも、様々な貸切バス業者をまとめて紹介している比較サイトなどが利用しやすいでしょう。貸切バスを借りる場合には、事前に何人で参加するのかを考慮して乗る車両を選択することが重要です。

乗員人数や積載量は貸切バスの種類によって変わってくるので、ここの確認はしっかりと行うことが大切です。補助席などもあるためある程度の搭乗人数は許容されますが、やはり移動中にくつろぎたい場合には、ある程度の余裕を持って借りることが重要になります。

バスレンタルにおいては、その料金の計算方法は時間と走行距離によって計算されます。車両の運行時間は利用者の搭乗から目的地までの移動時間だけではなく、バス会社の車庫から出た時間から車庫に帰るまでの時間と、さらに車体点検作業にかかる時間も加算して計算されます。

移動距離に関しても、基本的に車庫から出て収納されるまでの距離で計算されるのです。深夜帯の走行の場合には、夜間割増の料金がかかる場合もあります。その他にも安全運転のために、長期にわたる移動の場合には運転手の交代が義務付けられているため、その場合の交代料金も発生します。回転サロン付きのバスなどの一部車両に関しても割増料金が発生するため、そういった各種割り増し要素も考慮して貸切バスを利用するのが需要です。