便利でメリットが豊富な貸切バス

バスと言っても、大きさはいろいろあります。「大人数で行くなら大きめの貸切バスで」のタイトル通り、大型バスの特徴を人数を含めて3つ紹介します。1つ目はやっぱり人数。小型バスより多くの人数で空間を共有できます。部活やサークル、会社の仲間と他人に気を遣わずに楽しめます。

移動時間も思い出になります。2つ目は、補助席の数です。突然の参加にも対応可能です。あの人が行けるんだったら私も、と参加される方が増えるかもしれません。大人数といっても、小さなグループに分かれるものです。小型バスには補助席がない、もしくは少数ですが、大型バスは補助席の数も多いので対応できる人数に幅があります。

3つ目はトランクの大きさです。大きなトランクがあれば荷物を事前に旅先に送らなくても大丈夫です。今あげた3つの特徴もありますが、さらに上回る大型の貸切バスの最大の特徴は、料金が安くなることです。大型バスの最大の特徴は料金の安さとありましたが、正しくは、人数が多くなればなるほど1人あたりの料金が安くなることです。

ここで貸切バスの料金の大まかな仕組み。料金は人数で決まるのではなく、距離と時間で決まります。距離と時間に応じて料金が変わるため、多くても少なくてもバス会社への支払いは、人数では変わりません。

同じ人数でも、大型バス1台と小型バス2台では貸切バスが増えた分だけ料金がかかります。1台ごとの距離と時間に応じた料金に加えて、運転手が必要なら運転手代、駐車料金、高速道路代など、単純に倍になる料金もあります。もちろん大型バスと小型バスでは料金は異なりますが、断然貸切バスを2台よりも1台借りる方がお得です。

大型の貸切バスを利用すれば、人数が増えれば増える程、1人あたりの料金がお得になります。また一般的にではありますが、大型バスは小型バスの約2倍の乗用人数が可能です。大型バスを貸切る程、大人数でもない。でも小型バスでは少し狭苦しそう、けれどがらがらの大型バスは申し訳なくて気が進まないということもあります。そんな時は安さ第1に考えてください。小型バス2台より大型バス1台の方が断然お得なのです。

貸切バスの料金は人数でなく、距離と時間で決まります。貸切バスの料金は、人数が多ければその分1人あたりは安くなりますが、人数が少なければその分高くなるわけではなく、バスを貸切る一定の料金で納まります。むしろ小型バスでも、数を増やしてしまうと、大型バスを貸切りにするより料金は高くなってしまいます。大人数って言う程大人数でもないので小型バス2台にしようと思わず、たとえがらがらであっても、安さ第1で大型の貸切バスと共にゆったりと道中も楽しめみましょう。